Sample Image

高麗人参の種類

「高麗人参の種類」

あの徳川家康も愛飲していたという高麗人参。
日本では古くから健康にいいということが知られています。
高麗人参の種類はひとつしかなく、高麗人参、朝鮮人参、御種人参は同じものなのです。

最近の日本では健康ブームが続いていて、様々な健康食品が研究、開発、販売されています。
誰しも健康で長生きしたいと願うものなのですね。
その中にあって、ある一定以上の年齢の人が「健康食品」といってまず思い浮かべるのは、ローヤルゼリーと高麗人参ではないでしょうか。
これらは健康ブームが起きるずっと前から、健康にいいといわれて愛飲されていますね。
こちらのオススメサイトxn--gmq95jgyynf6avmmojf.netには、意外な効能がたくさん紹介されています。ぜひ、読んでみてください。

特に高麗人参は、日本で古くから親しまれてきた歴史があります。
あの徳川家康も愛飲していたそうです。当時の平均的寿命は今と比べてかなり短く「人生50年」といわれていましたが、徳川家康は75歳まで存命でした。
彼がとても健康に気を配っていたことは有名です。
日本には高麗人参が自生していませんでしたから、輸入品に頼るしかなく、当時はたいへん高価なものでした。
幕府の財政を圧迫するほどだったそうです。
そこまでして入手するほどの効果があるということなのでしょう。

このような輸入品を日本国内で栽培できないかと奔走し、成功させたのがエレキテルで有名な発明家の平賀源内なのだそうです。
彼は様々な分野で功績があり、発明だけではなく、蘭学を学び、文筆業もこなし、彼の書いた本は江戸でベストセラーになったそうです。
たいへんなマルチプレイヤーだったのですね。

高麗人参の種類ですが、朝鮮人参という名称をお聞きになったことがある方もいると思います。高麗人参と朝鮮人参は同じものです。
そして上記の徳川時代に栽培に成功し、各藩に種から栽培させたものを「おたねにんじん(御種人参)」と呼びます。
高麗人参、朝鮮人参、御種人参、これらの3種類はどれもウコギ科の根の部分で、呼び方が違うだけで同じものなのです。

また高麗人参ほどの薬効はないとされていますが、代用品としては充分な効果がある「竹節人参」は日本各地に自生しています。
徳川の時代、庶民には手の届かなかった高麗人参の代用品として流通していたそうです。
当時も今に劣らぬ健康ブームがあったのかもしれません。
こちらのサイトhttp://xn--gmq95j107eved.ws/には、副作用などについて、詳しく説明されています。一度ご覧になってみてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 高麗人参の種類 All Rights Reserved.