Sample Image

漢方にも使われるスグレモノ!

「漢方にも使われるスグレモノ!」

漢方薬と民間薬の違い。東洋医学と西洋医学の違い。
オールマイティーな効果のある高麗人参は、そのすぐれた効能と効果の範囲の広さから、さまざまな漢方薬に配合されています。

高麗人参といえば、漢方薬のイメージが強い人もいるかもしれません。
実際に高麗人参はさまざまな漢方薬によく配合されています。
西洋医学が日本で広まる以前は、この漢方薬を処方する医師が漢方医として人々の健康を担っていたのです。
とはいえ医者にかかれる人ばかりではなかったので、民間薬として健康のために「○○を煎じて飲む」ということも多くありました。
漢方薬は東洋医学の理論に基づき、数種類の生薬を症状に合わせて調合したもので、民間薬とは明確に違います。
漢方医学は長い歴史のある学問です。

西洋医学が日本に入ってきた頃、人体に対する斬新なアプローチと、劇的な効果に多くの人々が心を奪われました。
極端に言ってしまうと「悪い所は切り取ってしまえばいい」というのが西洋医学だからです。
もちろんそのためには、人体の構成について詳しく知らなければなりません。
日本では古くから人の屍は神聖なものであり、穢れであるとして扱ってきたので、人体解剖などを試みようという人はいませんでした。

西洋医学がブームになったおかげで、一時は東洋医学が下火になった時代もあったようです。
悪い所をピンポイントで治療する西洋医学に対し、東洋医学は人間の身体全体をみて原因を探り、根本的な部分から改善をはかって身体の調子を整えます。
そのため即座に劇的に治癒するわけではありません。
ですから、性別や年齢、身体のどこに不具合があるのかによって、処方される薬が違ってきます。

西洋医学と東洋医学、どちらがいいとか上というものではありません。
東洋医学で根本的に体質改善をして、病気にかからない健康な身体をつくりつつ、それでも外科的な処置が必要になったら病院で手術を受けるというのが、
現代の正しい医術への接し方かもしれません。

高麗人参も漢方薬として扱われる際には、他の生薬と調合して使われます。
さまざまな効果のある高麗人参なので、患者さん一人一人に合った処方にとても向いているわけです。

こちらxn--0-my6ay4nz63g95d.comに、わかりやすく解説されているページがありますので、ぜひこちらもご覧になってみてください。
いつまでも健康でいるために気を使うのは自分たちのことだけでなくかわいがっているペットも同じですよね。
こちらに キャットフードの種類や成分についてや、どんな種類を選べばよいのか?また子猫用と成猫用のキャットフードなどについて載っているサイトがありますのでご覧ください。
Copyright(c) 2011 高麗人参の種類 All Rights Reserved.