Sample Image

良い飲み方

「良い飲み方」

高麗人参の良い飲み方、効果的な飲み方は、個人差があります。
自分に合った飲み方で、根気よく飲み続けることが大切です。
高麗人参は病気を治すのではなく、病気にならない身体をつくるためのものと考えましょう。

高麗人参の効果的な飲み方はあるのでしょうか?
市販されている高麗人参の加工方法(状態)は3種類です。
「水参」と呼ばれるものは、生の高麗人参のことです。
「白参」と呼ばれるものは、生高麗人参の皮を剥がして天日、あるいは熱風で乾燥させたものです。
「紅参」と呼ばれるものは、生高麗人参の皮を剥がさず丸ごと蒸気で蒸した後、自然乾燥させ、加工したものです。
ちなみに自生の高麗人参は栽培されたものより効果が優れているのですが、たいへん稀少で入手しづらく、値段もかなり高価なものです。
栽培の高麗人参を自生の高麗人参と偽って販売する悪質な業者もいますので、注意が必要です。

「水参」「白参」「紅参」どの状態の高麗人参も効果がありますが、生のものは素人にはちょっと扱いづらいですね。
古来から伝わる高麗人参の飲用法で、煎じて飲むのが効果的といわれますが、なかなか手間がかかり面倒なものです。
毎日続けることが重要なので、手軽に飲めるのが一番かもしれません。
お茶として加工されたものや、最近では高麗人参エキスのサプリメントも各社から販売されています。

高麗人参が正しく効果を発揮するために、まずは自分の病気や症状を正確に知ることが大切です。
ただ「身体に良さそうだから」と、なんとなく飲んではいけません。
病気によっては逆効果という場合もあるからです。

また高麗人参をどれくらいの量を摂取すれば効果があるのかは、個人差があります。
年齢や性別、季節によっても変わってきます。
多すぎても少なすぎてもよくありません。
はじめは少量からはじめて、自分の適量を知ることも大切です。

できれば漢方薬局で相談するか、漢方診療を扱っている病院で相談することが望ましいです。
「漢方 医者」などで検索すれば、近くの病院がすぐに見つかります。
最低でも、提示されている用法、用量は必ず守って飲みましょう。
空腹時に飲む方が吸収が良く効果的ですが、胃の弱い人は空腹時は避けた方が良さそうです。
こちらのサイトwww.gosgmp.comも、わかりやすい解説がありました。オススメですのでご覧ください。
Copyright(c) 2011 高麗人参の種類 All Rights Reserved.